『時計仕掛けのオレンジ』最高にサディスティックな鬼畜名作映画 レイプ・輪姦そして役立たずへ

1962年発表のイギリスの小説家アンソニー・バージェスによるディストピア小説、またはそれを原作にし1971年に公開されたアメリカの名作映画。スタンリー・キューブリックにより映画化。暴力やセックスなど、欲望の限りを尽くす荒廃した自由放任と、管理された全体主義社会とのジレンマを描いた、サタイア(風刺)的作品。近未来を舞台設定にしているが、あくまでも普遍的な社会をモチーフにしており、映像化作品ではキューブリックの大胆さと繊細さによって、人間の持つ非人間性を悪の舞踊劇ともいうべき作品に昇華させており、外人レイプ動画の最高傑作である。(A Clockwork Orange)

動画タグ:スタンリー・キューブリック レイプ 輪姦 凶器 監禁 拘束 拷問 催眠術 調教 洋画 逮捕

この記事を書く2015年7月31日から50年ほど前に公開された映画ですが、きっと今観てもその斬新すぎる内容は何年経っても色褪せないものと思われます。
主人公・アレックスはクラシック音楽を好むDQNであり、他の不良仲間と共にホームレスをリンチしたり、困窮を装って作家の家に押し入り、作家の妻を集団でレイプしたりとやりたい放題を繰り返していた。しかし彼も仲間の裏切りにより逮捕され懲役14年を言い渡される。服役して2年後、アレックスは「イギリス政府が計画した人体実験「ルドヴィゴ療法」の被験者となる代わりに即時釈放する」という司法取引に応じる。しかし、このルドヴィゴ療法とは「(性的)暴力描写に満ちた映像」を「目薬と嘔吐剤を与えられながら」「目をつぶることを許さずに」「数日間ただ観つづける」という、狂気じみた拷問の数々を受けることになる。偶然にもその実験のBGMにはアレックスが好んで聞いていたベートーヴェンの「第九」が使われており、条件反射を植えつけられたアレックスは暴力行為や性暴力に及ぼうとする、または第九を聞くと反射的に吐き気を催して悶絶するようになり、罪を犯せなくなった。

 管理人おススメのSM動画 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

処女の生奴隷を調教してみませんか?

PAGE TOP ↑